新型コロナウイルス感染による出社の制限など大変です。
緊急事態宣言が解除されても変わりません。
大手の会社以外は、社員が自前でテレワークもあると思います。

  1. 場所の提供
  2. ネット環境の提供
  3. パソコン&スマホの提供(私物)
労働者は、労働を対価として給与を貰います。
生産機器は、会社負担です。
自動車とかオフィスとかです。

お金を一杯持っていたら、資本家になります。
住宅ローンに悪銭苦闘の人に何を求めるのか。
子供の教育費も馬鹿にならないです。

そんな中、突然のテレワークです。
パソコンは、子供が学習に使っています。
ネット回線は、子供のゲームで占領されています。

家に自分の居場所は、ない。
自分の部屋を持つ人は、幸せです。
納戸を仕事部屋にする人もいます。

過酷な環境でもテレワークです。
生き残るテレワークの話を次回します。
お楽しみに。